人気ブログランキング | 話題のタグを見る

前橋市議会議員の近藤よしえのブログです


by kondou-yoshie

PCR検査を拡大し学校の授業継続を! タブレット導入でもオンライン授業は困難

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。

 保護者の方から感染が心配なので、2学期が始まるにあたり自宅でのオンライン授業を実施して、学校を休校できないかとの要望も出されています。

 昨年の突然の休校は混乱を招いた

 昨年安倍首相が独断で全国一斉休校を3月2日から春休みに入るまでさらに、再延長で5月末まで要請し、政府による事実上の休校強制に戸惑いと大きな批判が広がりました。

 子ども達の集団での教育の重要性と学ぶ権利の保障が困難となり、家庭環境などによる学力格差を生み、いまだにその影響が影を落としていると、教育専門家からも指摘されています子ども達の安全を確保しながらよりよい学習環境の下で学校生活を送るにはどのようにしたらよいかが、問われています。

 今年度から本市では全小中学生に1人1台のタブレットが配備されました。ネット環境は整いましたが、学校から教師による5時・6時間の授業が可能かというと、オンラインで行うための教材準備は現状では困難です。

また、小学生のとりわけ低学年では、自宅の机に向かって授業を受け続けることができる家庭や子どもは多くはありません。朝の会で先生が挨拶して、今日の自宅学習の指示にとどまるのではないでしょうか。さらには、友達に会えないなどによるストレスもこの間大きな問題となっています。

授業継続のために大規模PCR検査を

変異株の感染は低年齢化しており、1学期に感染した子ども達の場合は、クラス閉鎖で、教室などを消毒し、濃厚接触者の子どもは自宅待機するなど、対象を限定して対策してきました。

コロナ感染から子ども達を守るための、3密回避やマスク、消毒の徹底など、この間蓄積してきた様々な安全対策に加えて、無症状の感染者を補足し、感染を抑えるために、大規模なPCR検査を頻回に行うことなどあらゆる知恵を集中して、学校に通う環境を整備することが、今最も大事です。


by kondou-yoshie | 2021-08-17 15:26 | 議会