前橋市議会議員の近藤よしえのブログです


by kondou-yoshie

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

都市計画の線引き

 宮城・粕川・大胡地区が合併して8年がたちます。

合併10年を経過すると、都市計画法による線引きを実施すると
合意しています。
 市街化区域と市街化調整区域に線引きされ、宮城地区は
市街化調整区域が占める方向です。
 しかし、いまでも農振法・農地法の規制を受けながら、さらに
都市計画法の規制を受けて、農地転用の規制が厳しくなることが
妥当なのか?このまま未線引きでも良いのではないか?
農業が盛んで農業で十分生活できるならば、規制は歓迎すべきこと
だけれど、規制だけ厳しくなっても農業が立ち行かないならば
更なる規制をかけても、意味はないと思のだが。
 地域の皆さんの意見を十分聞いていきたい。
[PR]
by kondou-yoshie | 2012-11-15 20:07 | 市町村合併
 12月4日公示、16日投票の衆院選がいよいよ行われます。
 消費税の増税を強行した民主・自民・公明党に厳しい審判を!

70歳の女性からTELで、夫が老人病院に
入院して、月17万円かかった、年金だけの収入なのでお金が
足りなくて借家の家賃を滞納してしまった。大家さんから追い出され
そうだとの相談。高齢者に冷たい政治の一端をつくずく感じている。
 このうえ、消費税を増税したら暮らして行けない、死にたいと。
ラーメン屋さんに入ったら、消費税の話に、「10%になったら、店をしめます」
とはっきりといっていた。
高齢者も、自営業者も追い詰められてしまう。
 
庶民を苦しめる、増税にきっぱりとノーを突きつけよう!
[PR]
by kondou-yoshie | 2012-11-15 19:46 | 消費税増税はNO

実りの秋と田の神様

e0258474_2225653.jpg

 我が家には豊作を願う田の神様がいる。
福岡県八女地方に伝わる神様。
 10日に前橋市農業まつりが盛大に行われた。来賓として出席し、
大根、人参、白菜、りんごなどなど野菜やくだものが、所狭しと
並べられ、たくさんの市民でにぎわった。
 しかし、原発事故による放射能の風評被害もあり
東日本地域、群馬の前橋も価格の低迷に生産者は苦しんでいる。
自然災害には五穀豊穣を願って祭られた田の神様!
原発という人災は人間の手でやめさせるしかない!
田の神様もきっとそう願っている。
[PR]
by kondou-yoshie | 2012-11-12 22:32 | 地域の出来事
e0258474_239893.jpg

 秋晴れの11月3日、近藤事務所・日本共産党後援会の後援会旅行を実施しまし
た。
 参加者は63名バス2台に分乗して、宮城地区保健センターを7時に出発、新前
橋駅で2台目のバスと合流して長野県上田市に到着。
 上田城けやき並木紅葉まつりを見学。上田城跡公園広場は出店や信州上田おも
てなし武将隊による舞台でのパフォーマンスなど多彩な企画の見学者でにぎわっ
ていました。
上田市の大松りんご園でシナノスイートや陽光、王淋、秋映えなどの品種のりんご
を「どれがおいしそうかな」「大きいのがうまいかねえ」といいながら、かごいっぱ
いに手でもいだり、味見しました。
 その後、別所温泉の市営あいそめの湯を拠点にして、北向観音へ参拝、常楽
寺、無言館に行く、散策する、温泉でゆっくりのんびり楽しんむなどなど選択し
て秋のひと時を満喫しました。
 バスでは酒井宏明県議が「県政報告と総選挙での共産党躍進への協力を」訴え、
近藤よしえ市議が「市政報告と2月に行われる市議選のために力を貸してくださ
い」とあいさつしました。
 参加者からは、「温泉が良かったね、体が芯から温まってよかったよ」「足湯
につかったら疲れがとれた」「無言館が見学できてほんとうによかった」と、
好評でした。そして、総選挙・市議選勝利のために頑
張ろうと決意し合いまし 
[PR]
by kondou-yoshie | 2012-11-06 23:10 | 日本共産党
 共産党市議団は9月議会に補正予算として新東公民館の設計予算が計上され、
3年後の完成を予定している建設について、住民要望を十分取り入れるよう求め
ました。
 東地区は17の自治会でました。東地区自治会連合会をはじめ、公民館建設検
討委員会が、現在の公民館の使用状況などから、地元として使いやすい新公民新
館の建設を求め要望してい構成され、3万人を超える人口を有し、現在も開発が
進み人口が増加している地域です 
 ①市は面積1500㎡を提案しているが、人口規模、利用団体数、利用者数から
すると狭すぎる。総社公民館を基本に最低でも同等の1700㎡か、人口規模か
らひと回り大きくした建物への要望が出されています。東地区は公民館活動も
活発で、現況の床面積1154,49㎡では使い勝手が悪く、利用拡大も図れな
いとしています。今後新規の参加団体の受け入れも検討しており、図書室300
㎡を新たに加えると、1500㎡では現況と変わらない広さになってしまいます。
 23年度の利用実績では、利用回数は3160回で桂萱公民館の2674回
を抑えて地区公民館の利用ではトップです。利用者数も44713人で3番目に
多くなっています。人口規模・使用状況から見ても最低でも1,700㎡以上に
との住民要望は 妥当であり、提案した建物面積を広げるべき。
 ②また新たな防災の拠点となるものであり、先に1500㎡ありきでなく、防
災の観点からも必要な広さの検討をすべき。
 検討委員会の納得合意がないままで、1500㎡での決定はしないでほしい。
ぜひ地元の声を反映したものにしていただきたいと強く求めました。
 市は地元要望を反映すると答えました。 市当局は10月、新東公館(箱田町)に
ついて1700㎡で設計すると応え、住民要望が実現します。
[PR]
by kondou-yoshie | 2012-11-02 13:39 | 議会