前橋市議会議員の近藤よしえのブログです


by kondou-yoshie

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

総社資料館の建て替えを

e0258474_1033191.jpg

 老朽化した総社資料館の建て替えを議会で求めました。
総社公民館に隣接している総社資料館は総社古墳群の展示や天狗岩用水の展示など
小学校の社会科見学でも活用されている前橋市の施設です。
 
[PR]
by kondou-yoshie | 2012-09-28 12:15 | 議会
 
e0258474_1857828.jpg

 9月21日に協立病院生協ホールで原発をなくす前橋連絡会が発足
記念講演は伊東達也(原発事故の完全賠償をさせる会代表)さん
講演で3月11日は深夜まで地震・津波による被災者支援の対応に
奔走。原発事故のことは、翌朝小型ラジオのニュースで知り、午後になって
1号機の水素爆発の様子をテレビで見た・原発から40キロのいわき市に住んで
いる私は、恐怖と共に「とうとうおきてしまった!」という強い想いがわき起こった。
 かって福島県議時代「福島原発の安全性を求める福島県連絡会」の副会長として
、何度も「東京電力」へ「福島原発のは地震対策に万全をつくせ」と、警告・交渉
を重ねていたからだ。今日の事態を満腔の怒をもって告発したい」と語り、
原発ゼロの政治決断をするための連帯の運動を訴えました。
[PR]
by kondou-yoshie | 2012-09-24 13:47 | 原発はやめよ
 技能労務職の退職を補充しない方針で職員の適正管理を実施してきました。
たとえば、清掃業務では退職職員の補充を嘱託員で行ない、一定の業務量が
まとまると順次民間委託を実施してきました。保育所の用務技師は正規から
嘱託に入れ替えてきました。
 清掃業務の民間委託はごみ収集の分野ですでに8割に及び、直営の2割は
旧市内のみとなりました。
 横浜市では民間委託を方針化しましたが、
ごみの分別啓発や災害時のセーフティーネット、委託業者の倒産等不測の事態
に対応できるよう燃やすごみの収集について全市域を直営に戻しています。
 東日本大震災から本市でもいつ何時不測の事態が起きないとは限りません。
安定した市民サービスを実施することが公共サービスの第1の役割と考えます。
 たとえば、ごみ処理・清掃事業の公務と民間のコスト比較をするとごみ収集に要する
経費は1トンあたりいくらかの比較はできても、ごみを減らす事業リサイクル社会
に向けた取り組みを担っている事業はなかなか委託できません。紹介しました
横浜市はごみ減量化目標を平成13年度から10年間で40%達成し徹底した
分別収集に取り組み大きな成果をあげています。行政サービスの1つ1つは
波及効果とか間接的効果をうむので、1部分を切り取って委託すれば、
コスト削減とは単純にいえない。
こうした観点から、技能労務職の退職者の補充をすべき。
[PR]
by kondou-yoshie | 2012-09-21 12:50 | 議会

低入札の改善を

 市内の建設業者は地域経済と雇用の担い手であり、災害復興や除雪作業な
どについても重要な役割を担っています。こうした業者の経営状況は大変厳しく、
低入札がつづけば企業の経営体力は弱体化し、下がり続ける労務単価により、
良い仕事、良質な技術者の確保は難しくなります。適正な工事単価と労賃の保証が
必要です。そのためには、低入札の改善が求められます。
 昨年度低入札価格調査委員会での調査案件は18件です。学校などの解体撤去
工事は4件で落札率45・02%から54・99%。電気工事は7件で落札率78・77%
から86・92%、他に建築工事2件、管工事2件、土木工事2件橋梁工事1件の
合計18件となっています。全て問題なしと当該業者に発注していますが、下請け業者
へのしわ寄せ、工事品質の低下、安全管理の不徹底が起こる。

 落札率が低いほど下請け業者の赤字が増え、下請け契約があいまいになることなどが
国土交通省の調査でも明らかであります。低入札による落札業者への指導の徹底について
適用労働者の賃金の下限の設定や適正な品質を確保することについても、現場監理に当たっては、
ベテランの職員を当たらせるとか、中間検査や、一つ一つ工程ごとの点検も含め、
監視強化を徹底すべきと求めました。
[PR]
by kondou-yoshie | 2012-09-21 12:30 | 議会

消防署の耐震化を急げ

西消防署(大渡町2丁目)の移転新築工事が進んでいます。
新築される西消防署は総事業費約15億円で平成25年4月完成を目指しています。
地域の災害拠点ともなり、災害備蓄倉庫も備え、アルファー米やビスケット12700食分
を備蓄する計画です。

 市有施設の耐震化のうち災害対策の拠点ともなる機能を確保するためには消防署の
耐震化は優先的に実施すべきです。
5署6分署のうち、西消防署の新築を完了してもなお、1署2分署の耐震化が低いとのこと
ですが、早急に耐震化すべきと議会で求めました。
[PR]
by kondou-yoshie | 2012-09-19 22:05 | 議会
 長期にわたる景気低迷が続く中、公共工事の受注競争も激しくなり、
そのしわよせは労働者の買いたたきという形であらわれている。
 公契約における労働者の正当な賃金水準については国が法律を定めるべき。
自治体独自の努力で最低賃金を決め、労働意欲の維持・向上や、発注する業務の
質の確保・向上をはかろうというのが公契約条例。ただいま準備中との総括質問
での答弁があったが、どこまで準備できているのか。
千葉県野田市で公契約条例が創設されて以降、川崎市や多摩市、相模原市と次々に
制定されまた準備中の自治体も増えている。こうした中で公契約条例の対象範囲は
指定管理者や一人親方をも含むものに拡大されています。業種別最低賃金も労働基準法
や最低賃金法など国の制度や法律の問題とも解決され、地方自治体の独自性が発揮
されやすい環境が整いつつある。
 市長は前橋市での創設が期待されるところですがいつまでに創設する考えか。と問い
市長は「地域経済の活性化のためになるべき早く条例化したい」と答弁。
[PR]
by kondou-yoshie | 2012-09-19 21:56 | 議会
 前橋市役所の正規職員は今年の4月1日で2799人
非正規職員は1197人
 非正規職員と正規職員との比率で42・43%と他の自治体から比べても
比率も高く、正規職員と変わらない仕事についている。
 保育所の臨時保育士はクラス担任を受け持ち正規と同じ仕事をいる。
しかし、正規職員と同じ勤務でありながら雇用条件や賃金で差別されて
いるのが実態。
 保育の仕事はそもそもその専門性の獲得が長期にわたる経験の蓄積
を必要とする仕事である。
若い人から経験豊かな人へ専門性が継承されるもの。人を育てる大事な
仕事を担いながら、身分の不安定な雇用条件で賃金は正規の3分の1、
1年ごとの任期雇用、社会保険にも入れない。正規職員と同じ仕事をしながら
臨時という安上がりの非正規を雇用していることは許されない。
さらに、自治体みずから不安定雇用である官製ワーキングプアーを生み
出してることは問題であり、是正すべき。
 と、総務常任委員会で迫りました。
[PR]
by kondou-yoshie | 2012-09-19 21:40 | 議会